よねざわ眼科
LASIK オルソケー 眼瞼形成手術 手術実績 医院案内
 視力低下の原因として最も多いのが近視、遠視、乱視などの「屈折異常」。LASIKは、レーザーを使って屈折力を変える最新の近視矯正手術です。
 目の構造と屈折異常の関係を知り、手術への理解を深めておきましょう。
眼はすべての光線を角膜と水晶体で屈折させ、網膜の1点に集めて焦点を合わせています。この焦点を合わせる機能が完全であれば、網膜上で鮮明な像を結び、はっきりと見ることができます。
角膜と水晶体の屈折力が強すぎるか、もしくは眼球が長いため、焦点が網膜よりも前で結ばれてしまい、遠くにあるものががぼやけて見えます。
角膜と水晶体の屈折力が弱いため、焦点が網膜より後ろで結ばれて近くにあるものが見えにくくなります。それにより、眼精疲労も起こりやすくなります。
角膜と水晶体の屈折異常のため、焦点を結べない状況です。屈折力の度合いが均一でないことからピントがずれ、像がはっきりと見えずにぼやけたり、二重、三重に見えます。
Copyright(C)2002 Yonezawa ganka. All rights riserved.